歯の大切さと全身との関係 歯と口の健康週間事業 給食後の歯みがき推進事業



(平成15年7月17日 ○○小学校)
 






朝の準備。 三井、斎藤の両衛生士ご苦労様です。本日は宜しくお願い致します。 まずは三井衛生士から歯の汚れについてのお話。 「歯とバイ菌と甘い食べ物がないとむし歯はできません」と話す斉藤衛生士。 みんな真剣に聞いています。






衛生士さんからのお話が終わったら赤く染めてお口の汚れを見てみましょう。 真っ赤に染まった人いませんか?校長先生も区議も見学にこられました。 真っ赤に染まったところが汚れているところです。 これから磨いてもらいますが、まず歯ブラシのサイズは皆さんのお口にあっていますか? 歯ブラシの幅は皆さんの親指の幅と同じくらいがいいでしょう。 担任の先生も教頭先生も知っていましたか?区議も役所の方に教えてあげて下さい。 汚れているところわかったら磨いてみよう。






きれいになりましたか?思ったよりも歯の汚れは落ちにくいでしょう。 赤い色だとよくわかるね。担任の先生もできているか心配そう。 とってもきれいにみがけたお友達にその磨き方を見せてもらいました。 斉藤衛生士からもほめられました。 特に下の歯の奥歯の内側が磨きづらいです。 と説明する斉藤衛生士。みんなよく聞いて下さい。






「歯ブラシはこう持つ方法と鉛筆を持つような持ち方と2種類あります。 鉛筆を持つように持てば細かい動きができます。」 3年1組の教室の片隅で見つけた壁掛けの作品。みんなで作ったのかな?すてきですね。 歯の構造もあっていますよ。口腔保健への関心の高さを実感しました。 今日の口腔保健指導を終えて皆で反省会です。校長、教頭先生からは「来年も是非してほしい」 という要望が出ました。養護の先生からは「来年は保護者の方にも参観してもらってはどうでしょうか?」 という建設的な意見も出ました。家族の方にも有益な情報を提供できるいいチャンスになると思います。
 


ホームにもどる ページの1番上にもどる